渋谷ハロウィン

毎年大賑わいの渋谷ハロウィン。でも、明るいニュースばかりじゃありませんよね。今年は特に。

そもそもハロウィンとは?日本におけるハロウィンは、いつ頃から始まったのか?渋谷以外にも東京各地で、どんなふうに開催されているのか?問題点は?

ハロウィンのこと、「楽しく盛り上がれるお祭り」というイメージで見ている方は多いと思います。そこからもう少しだけ詳しく知ってもらえるよう、まとめてみました。読んで頂ければ、よりハロウィンが楽しめるかもしれません。

【ハロウィンとは日本で言う「お盆」に近い?】ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りのことを言います。秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭り。そう、日本でいえばお盆にあたる行事になります。現在は10月31日がハロウィンとして定着していますが、正確な期間は10月31日~11月2日の3日間。キリスト教ではこの期間、この世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行っています。

【由来とか】ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていた「サウィン祭」が起源といわれています。古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました(このあたりもお盆と似ていますね)。しかし、悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、現世の人間たちに悪いことをするともいわれていました。そこで人々は、悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行った、といわれます。
こうして構成されていったハロウィンはやがて、キリスト教圏へ広がりましたが、最近では宗教的な意味合いがだいぶ薄れ、純粋に「大人と子どもが仮装をして楽しめるイベント」になってきています。

【なんで仮装?】ハロウィンでは先祖の霊と一緒に悪霊もやってきて、人間たちに悪運をもたらしたり、いたずらをするため、魔女、ゴースト、ゾンビ、ドラキュラ、ガイコツ、黒猫、狼男、フランケンシュタインといった恐ろしい怪物や怖いものに仮装し、悪霊を怖がらせて追い払うのが習わしになっています。また悪霊と同化することによって、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあるようです。
ハロウィンの根付いた日本では仮装パレードやコンテストが行われ、人々は個性豊かな仮装を楽しんでいます。

【「トリックオアトリート」って?】ハロウィンといえば、魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と玄関先で声をかけてお菓子をねだる風景が名物。「トリック・オア・トリート」と言われたら、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡すのがルールになっています。もし、お菓子をあげなかったら本当にいたずらされちゃうかも!? ここで配られるお菓子には悪霊を追い払うなどの意味があるそう。
日本では都心部を除いて、家をまわる風習は定着していませんが、家族や友達とのハロウィンパーティやイベントに参加する時に、キャンディーやチョコレートなどの小さなお菓子を用意して交換し合うのも楽しそうですね。

【アップルボビング】日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、本場のハロウィンではパーティなどの余興として「アップルボビング」という伝統的なゲームを楽しんでいます。水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でリンゴを取る遊びで、ハロウィンとリンゴの収穫時期が重なっているため、このゲームが誕生したそう。競い方は、1つのリンゴを取るまでの時間を競う場合と、時間内に取れたリンゴの数を競う場合の2パターン。ハロウィンパーティのゲームに取り入れると盛り上がるかも!

【ハロウィン、日本ではいつから始まった?】

暑さが和らぎ、秋の気配を感じる頃、街はハロウィンの装飾で賑やかになっていきますね。ハロウィンは、各地でイベントが開催され、すっかり定着しているようにも見えますが、これほど盛り上がるようになったのは、ここ数年のことのように感じませんか?今回は、ハロウィンがいつから定着したのか、海外と日本の違いについても調べてみましょう。

日本では、1970年代にキデイランド原宿店がハロウィン関連商品の販売を始めました。

そして、初めてのハロウィンイベントもキデイランドが販売促進の一環として1983年に原宿表参道で行った「ハローハロウィーンパンプキンパレード」だといわれており、原宿表参道を約100人の参加者が仮装してパレードを行いました。

第一回はまだハロウィンの認知度が低く、参加者は外国の方が多かったそうですが、徐々に参加者も増え、現在もこのイベントは続いています。

日本で広く知られるようになったのは、1997年に東京ディズニーランドが、2002年にはユニバーサルスタジオジャパンが、ハロウィンイベントを開催したからだといわれています。

日本の二大テーマパークが開催したことで、それまで「ハロウィン」というものを知らなかった人たちが、興味を持つようになったんですね。

現在もこの二つのテーマパークでは盛大にハロウィンイベントが開催されています。

他にも、子ども英語教室でハロウィンパーティをしたことが広まった、SNSの普及によりイベントに参加する人が増えた、お菓子メーカーなどが商戦のために様々な商品を作りだした・・・など、ハロウィンが広まったきっかけは様々あるようです。

また、ハロウィンといえば渋谷のスクランブル交差点を思い出す方も多いかもしれません。

2000年ごろから渋谷のスクランブル交差点には、仮装した人たちが集まっていたそうです。

2010年ごろにスマホやSNSの普及によってさらに多くの人が集まるようになり、現在では警察や機動隊が出動したり、渋谷の一部を歩行者天国にしたりするようになりました。

このように「日本ではこの年から定着した」と、明確なものはありません。

「なんとなく、このころから広まっていった」「いつの間にか定着していた」と考えた方が良いかもしれません。

【海外との違いは?】

日本のハロウィンは大人が盛り上がる季節のイベントというイメージが強いですが、先述したとおり、アメリカなどでは本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなり、子供が楽しむ地域のイベントになっているようです。

子供たちは、仮装をして「Trick or Treat(トリックオアトリート)」と言いながら各家を訪れ、お菓子をもらいます。

「Trick or Treat」とは「お菓子をくれなきゃいたずらするよ」という意味があります。

この日のために大人たちはお菓子を大量に買い込み、子供たちの訪問を待つのだそうです。

また、日本のハロウィンは「仮装大会・コスプレ大会」と海外の人からは思われているようです。

元々なぜ仮装をするのか?というと「悪霊を怖がらせ追い払うため」または「悪霊に仲間だと思わせいたずらをさせないため」なので、海外では魔女や悪魔、魔物の仮装がほとんどです。

しかし日本では、仮装をするものに決まりはなく、アニメや映画、ゲームのキャラクターなどに仮装し、イベントに参加している人たちは本来の意味を知らないことが多いようです。

日本のハロウィンは、本来のハロウィンとはほとんど関係がないことがわかりましたね。

クリスマスもそうなのですが、日本人は、海外から伝わってきた文化を、日本で独自に進化させて楽しんでしまいます。

しかし、ハロウィンイベントでは、大量のゴミが放置されたり、マナーやルールが浸透していないことが問題となっています。

せっかくの楽しいイベントですから、ひとりひとりがマナーを守って参加したいですね。